プロミス カード

即日のカード受け取りなら早い審査と契約の消費者金融プロミスへ

すぐにプロミスカードを受け取りたい場合には

早くに現金の借り入れを利用したいといった希望でカードをすぐに受け取りたい場合には、郵送で届くのを待っている時間はありません。すぐに、できることなら今日中にカードが欲しい希望があるなら、それを可能とする手続き方法で契約を行う必要があります。

 

すぐお金が必要ならプロミスカード

 

消費者大手のプロミスなら最短即日でのカード発行が可能となっているため、すぐにカードが必要でも希望通りの手続きを可能としてくれます。平日だけでなく土日でも契約とカードの発行と受け取りが行えるので、平日に限らず土日祝日でもその日に申し込みをし、その日のうちにカードが受け取れるようになっています。

 

カードの受け取り方法は早い進め方だと契約機となり、日本全国に設置のあるプロミス契約コーナーを利用した手続きで最短即日のカード受け取りが可能です。受け取ったカードは契約機に備え付けがあればプロミスATMで、なければ近くのコンビニや金融機関の提携ATMで使えるため、どこにいてもプロミスカードを持っておくと素早く限度額内でお金が借りられるようになるのです。
プロミスの借り方:http://www.cashing-g.com/memo/karikata.html

 

契約機に行く前にネットで申し込みを行っておくとより早いカード発行も可能となるので、急な出費等ですぐにお金が必要になった場合にはネットで申し込みをして審査を終えた後に、最寄の契約機の場所を調べて足を運ぶと良いでしょう。

 

店舗の設置には注意が必要

無人の契約機となると各地に設置がされていますが、店舗となると限られた地域のみとなります。全都道府県に設置がされているわけではなく、さらには営業時間も短くなっているので以下のサービスプラザの情報を参考に確認をしてください。

 

札幌お客様サービスプラザ

北海道札幌市中央区南3条西3丁目10-4 三信ビル 3F

 

仙台お客様サービスプラザ

宮城県仙台市青葉区中央3-6-7 東日本建物仙台駅前ビル1・2F

 

大宮お客様サービスプラザ

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-1-26 石井畜産ビル 2F

 

千葉お客様サービスプラザ

千葉県千葉市中央区富士見2-8-14 エキニア千葉2F

 

新橋お客様サービスプラザ

東京都港区新橋2丁目8-8 からす亭ビル 1~3F

 

上記以外にも店舗となるサービスプラザの設置があるので、プロミス公式サイトや各情報サイトで設置情報をご確認ください。

プロミスのカードを素早く受け取るために有効な方法となるのが契約機での手続きですが、契約機を利用する際にはいくつか気をつけておきたい点、契約機の利用に備えて予めしっかりと確認をしておきたい部分があります。

 

基本となるのはネットでの申し込み時の注意点で、ネットでの入力内容が実際の内容と異なってしまうと契約機での手続きの際に確認が必要となるため、余計な時間と手間がかかる可能性があります。時間によっては当日中のカード受け取りも不可となる危険性もあるので、ネットでの入力はしっかりと確認をしながら進めなければなりません。

 

特にスマホでの申し込み時には注意が必要で、画面が小さなスマホでの申し込み手続きは入力内容のミスや不備がどうしても起きてしまいがちです。また、急ぎの際には確認を怠ってしまうこともあり、ミスを誘発しやすいので注意が必要です。

 

ネットでの申し込み後に契約機を利用する際には、契約に必要な書類をしっかりと用意、準備をしなければなりません。必ず必要となる本人確認書類はもちろん、借りる金額や審査の内容によっては収入を証明する書類も必要となるので、確認をして不備がないように契約機まで行くようにしなければなりません。

 

書類に不備があると審査に通過ができているとしても、その場での契約が行えません。契約が完了しなければカードの発行がされない、またはカードを受け取っても限度額の設定がされないため、ATMにカードを入れても利用ができません。

続きを読む≫ 2017/09/30 23:15:30

プロミスの契約機は全国各地に設置がされているので、広い地域での手続きが可能となっています。自宅の近くでも勤務先の近くでも、または遠く離れた場所であってもプロミスの契約機は設置がされています。

 

契約手続きにおいてはどの契約機を利用しても問題はなく、何も自宅に近いところ、最寄の場所での手続きに限られるわけではありません。旅行や出張などで遠く出ている場合であっても、その場所から近いところにプロミスの契約機があれば手続きが可能です。

 

そのため、旅行でついついお金を使いすぎてしまった、出張ついでに家族に内緒で少し遊びたいといった場合の資金不足にプロミスは頼れます。契約機でのカード受け取りなら後日の自宅宛の郵送物もないので、出張時に借りるには適しているとも言えます。

 

自宅から遠い場所だからといって即日融資での利用ができなくなるわけではなく、審査も契約も問題がなければ当日中の契約手続きが進められます。契約機で受け取ったプロミスのカードは全国の提携ATMで使えるので、とにかく便利で助かるのです。

 

例えば沖縄県に旅行に行っているとしても、ネットでの申し込みから最短即日のカード発行と利用開始が可能です。沖縄県にもプロミスの契約機は複数あり、那覇市に限らず多くの地域にいくつもの契約機が点在しています。

続きを読む≫ 2017/09/30 23:15:30

申し込み当日に借りる即日融資での利用は、何も契約機での手続きには限られていません。プロミスにおいては契約機でカードを受け取る以外にも、銀行振り込みによる来店不要の申し込み当日即日融資も可能としています。

 

ただし銀行振り込みで借りる場合においては、曜日や時間の条件が厳しくなる点に注意が必要です。プロミスでは当日中の振り込みを平日14時までのWeb契約完了が条件としているため、時間を過ぎてしまうと翌営業日の扱いとなってしまいます。

 

その日にどうしても借りたいとなると振り込みでは対応ができない場合があるため、その際にはどうしても契約機の利用となります。契約機なら14時を過ぎていても土日でも営業時間内、対応可能時間内ならその日のうちにその場でカードが受け取れるので、振り込みで対応ができない範囲でも即日の利用開始も可能となるのです。

 

契約機の営業時間は長いところであれば22時までとなっているため、夜間の仕事帰りに契約機に寄ってカードを受け取ることも可能です。通勤中や休憩中、空いた時間などの昼間にネットで申し込みをしておくと契約機での手続き時間も短縮できるので、早くにカードを受け取るならネットでの申し込みです。

続きを読む≫ 2017/09/30 23:15:30

プロミスやアコムなどの消費者金融では、借りるまでの手続きは早いものの金利がどうしてもネックとなります。ネットで申し込みを行った後に無人の契約機を利用すれば当日中にカードが受け取れるため、最短で即日融資での利用も可能となります。

 

しかし、早さがある反面で借りる際の金利は上限の年17.8%や18.0%となる場合が多いため、返済時にかかる利息が大きくなりがちです。利息を抑えて借りたいとなると消費者金融は負担が大きくなるために難しく、金利を低くして借りたいなら銀行のカードローンが候補に挙がります。

 

銀行は上限でも年15.0%を下回るような金利となるところが多いので、返済時の利息と最終的な支払い総額は抑えられるようになります。ただし銀行はその分だけ審査基準が厳しくなり、申し込みをしてもアルバイトやパートの方では利用ができない可能性もあります。

 

また、銀行は審査や契約に時間がかかり、その日のうちに借りるのは難しくなります。申し込みをしてから借りるまでは数営業日の日数を必要とし、ネットで来店不要の申し込みから契約が可能となるオリックス銀行カードローンにおいても、初回の融資までには数営業日の日数を要することとなります。

続きを読む≫ 2017/09/30 23:15:30

消費者金融は金利が高く返済の負担が大きくなりますが、短期間の利用であれば負担を軽くした借り入れも可能となります。特に無利息でのサービスを提供している消費者金融なら返済負担が軽くなるので、賢く借りたい場合には無利息期間がある消費者金融を選ぶべきです。

 

人気どころで信頼ができる大手であればプロミス、アイフル、アコムとなり、プロミスは初回の借り入れの翌日から、アイフルとアコムは契約の翌日からの無利息期間となります。

 

適用のタイミングが異なることで借りる時期によっては無利息期間が変わる場合があり、いつに借りるかを決めてから無利息期間のある借り入れ先を利用しないと、最大で30日間となる無利息期間を無駄にしてしまう可能性があります。

 

例えば契約の翌日からの適用となるアイフルとアコムの場合には、契約当日に借りないと無利息期間がどんどんと経過をしてしまいます。しかし、プロミスは借り入れの翌日からとなるので、契約当日に借りないとしても無利息期間は無駄になりません。

 

申し込みを行った当日に借りる即日融資希望の場合にはどちらであっても違いはありませんが、借りるのが契約の少し後になる、または備えとしてカードを持っておきたいといった場合であれば、無利息サービスを求める借り入れ先はプロミスとしておくべきです。

続きを読む≫ 2017/09/30 23:15:30